採用情報
3Dでのフォトリアルを追求しませんか!?
写真が好きな方も歓迎です!レタッチャー志望も大歓迎!

当社は、インテリアメーカー様を中心としたカタログ制作の企画撮影をしている会社になります。「TEC STYLE(テックスタイル)」というサービスを基軸に、ディレクター、カメラマン、スタイリスト、レタッチャー、3Dクリエイターと共にビジュアルを制作しております。
今回は2D・3Dができるハイブリッドなスタッフを募集しております。(育成も視野に入れてです!)3D空間と言ってもパース屋ではなく写真クオリティを求めたフォトリアルなイメージを追求しておりますので写真が好きな方のご応募も大歓迎です!外部スタッフも多く出入りしておりますので、社内含め個性豊かな人たちに出会えて楽しい職場になっております!3Dを作成するにも人とのコミュニケーションで善し悪しが決まってきますので、楽しく一緒に成長して行きませんか!?
ご応募お待ちしております!

募集人材 3DCGデザイナー
フォトレタッチャー
仕事内容

弊社は主にカーテンや壁紙などのインテリア関連の撮影を中心とした撮影企画会社になります。最近では建材メーカーなどの仕事も多く、撮影だけではなく3Dを使った空間提案の需要が増えてきておりますのでメインは3Dでの空間作成に携わって頂く事になります。
主に3Dソフトでの空間制作や写真との合成などを担当して頂きます。最近では建材メーカーなどの仕事も多く、撮影だけではなく3Dを使った空間提案の需要が増えてきております。撮影企画会社となりますのでクライアント様との打ち合わせにもディレクター、スタイリストと共に参加して頂いて意見を交換して頂くこともあります。最終的にはディレクションも出来る3Dレタッチャーになって頂く事を目標としております。

[具体的には]
・3dsMAXやCINEMA4Dを使用しての空間作成や合成補助
・Photoshopを使用した2Dでのマテリアル作成、レタッチや合成作業
・繁忙期には外部スタッフ(ディレクター・スタイリストなど)との連携をお任せする事もあります。

始めは3Dでの制作補助(マテリアル設定や合成補助など)でノウハウと仕事の流れを覚えて頂きます。仕事に慣れてきましたら空間作成までの単独での仕事もお任せして行きます。
求める人材 25歳~35歳まで/長期での育成を図るため
応募資格 Photoshop 使用経験者
3Dソフト(CAD以外)使用経験者(3Dの概念を理解している方)
普通自動車免許(今後取得意思のある方)
※Photoshopか3Dソフトどちらか、または両方の使用経験がある方を優遇致します。
求める人材像 インテリアに興味のある方
写真やファッションに興味のある方
人と話すのが好きな方(コミュニケーション能力の高い方)
成長するイメージを持っている方
色々な事を学びたい方
勤務地

「東京オフィス」での勤務(通勤方法は応相談)
東京都港区海岸3-3-18 芝浦日新ビル3F
アクセス:JR山手線「田町」駅より 徒歩15分

「大阪の自社スタジオ」での勤務(通勤方法は応相談)
大阪府羽曳野市島泉9-23-5
アクセス:近鉄南大阪線「高鷲」駅より 徒歩10分
勤務時間 9:30 ~ 18:30(休憩あり)※繁忙期に寄り変動致します。
給与 月給18万円~ 応相談
※試用期間3ヶ月間/日給10,000円
※経験・能力を考慮のうえ、決定致します。
賞与・諸手当 昇給/年1回
賞与/年2回
交通費支給
福利厚生
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝日
夏期休暇・冬期休暇・有給休暇・振替代休
スタッフヴォイス
ディレクションという仕事は、人と話をする仕事であり、
1枚のビジュアルに絶対的な責任を持つことです。
ディレクター/忰山 孝嘉

僕の担当はディレクションです。説明は難しいのですが、省略して言ってしまうと、1枚のビジュアルに対して、お客さまの要望を正確に聞き取り、自分のイメージを踏まえた上で、撮影コンテと計画を作る。そしてカメラマンに撮影を、その後でCGオペレーターに画像加工を依頼し、お客さまに納品。つまり最初から最後まで、責任を持って管理をするという仕事です。1枚のビジュアルといっても、インテリアのカタログや見本帳ともなると、何十枚もビジュアルが必要になるので、すべてが複雑になります。しかし基本は、お客さまから依頼された1枚のビジュアルに対して、自分が責任を持って、カメラマン、スタイリスト、CGオペレータ、セット撮影の大工さん達と一緒に仕事をするということですね。

READ MORE
10年ほど前、フィルムカメラの暗室作業にはまり、写真の世界へ。
今は、東京でプランニングを含めて撮影の仕事をしています。
フォトグラファー/井上 昌明

8年前、大阪採用で入社しました。そして2013年の2月から東京に来ています。半分社命、半分志願。ここ東京では、打合せ、プランニングというトータルディレクションができることが魅力でした。大阪は、ディレクター、スタイリストが常駐をしていて、カメラマンも含めて役割分担が明確になっている。東京では、カメラマンはディレクターの領域まで担当しています。体制のこともあるのですが、もともと大阪が拠点のスタジオテックが東京に出てきた時には、やはりまずは撮影、つまりカメラマンが先頭に立って立ち上がりました。そこでお客さまとの打合せの経験を積んでいくうちに、自然とプランニングの領域まで拡げていくことになります。それが今では当社の東京でのスタイルになっている部分はありますね。また、その部分を担当すれば、たくさんの人と会う機会も自然と多くなります。それがまた刺激になっているんです。

READ MORE
自分の頭の中でしかない空間やイメージがその場で形として
出来上がっていく…実際に撮影している時が、一番楽しい。
スタイリスト/西尾 玲香

スタジオテックでのスタイリストの仕事は、1枚のビジュアルを創り上げる中で、撮影場所や家具、小道具に関してプランニングし、撮影スケジュールを作成・管理し、実際に家具や道具を手配。そして撮影に臨む、というものです。カメラマンやディレクター、CGオペレーターと同じだと思いますが、カメラのレンズを通して写し出される空間の中での自分の領域に責任を持つこと。私の場合は、それは空間を演出するスタイリングなのです。

READ MORE
レタッチ、2D、3DCG。
どれも共通するのは、いかに人をダマせるか?です(笑)
CGディレクター/水島 靖

レタッチャーというのは、カメラマンやディレクターの要望に合わせて、撮影データの最終的な絵作りをする「レタッチ」という仕事です。仕事のスタートは、ディレクター、カメラマンと一緒に、撮影前にどんな絵作りをするのかを打ち合わせます。例えばイメージの恰好よさを追求するディレクターであれば、洋書の写真を見ながら、この雰囲気を取り入れて行こうとか、またデザインなどからもイメージ引き出して組み合わせをしようとか、かなり具体的な要望があります。そして、そのイメージを共有しながらカメラマンが撮影。僕たちは、その撮影データを、ディレクターの要望に合わせて現像し、「イメージ通り」になるように調整していきます。

READ MORE