期待を上回る品質へ

背景写真と商品写真を別々に撮影し、合成する。今では当たり前のスタイルですが、スタジオテックは時間、コスト、そして品質面で、お客さまの期待を上回ることを常に目指しています。光を捉え、陰影を表現することを得意とするスタジオテックのレタッチャー。写真の光を理解することはインテリアの合成だけでなく、人物のレタッチや合成、プロダクト製品の表現など、クリエイティブの品質に大きく貢献します。インテリアビジュアルを中心に、10年以上にわたって築き上げてきた「訴求力があるビジュアルづくり」のノウハウは、すでに“しくみ”として構築しています。

商品写真から背景写真、ストックフォトまで画像合成の活用範囲は広く、その手法・工程は実にさまざまです。理想的な仕上がりを求めて、緻密に計算されたスタジオテックの画像合成事例をご紹介します。

CASE 01 | カーテンの合成

Close

海外のロケではカーテン合成を想定したスタイリングと背景素材を撮影します。商品を持ち込まずに写真を作成できますので、商品の運送費や施工にかかる人件費のコストを抑えて、クオリティを上げることができます。海外で背景を撮影したその日の内に、背景素材とカメラ情報や光の情報などを日本に送りスタジオでカーテンの撮影を行います。

CASE 02 | 壁紙の合成

Close

ただの柄撮影の延長としての合成ではなく壁紙の質感、コンセプトを理解し、リアリティかつ理想的な仕上がりを求めた合成を目指します。元の壁(この場合はコンクリート)から実際の壁紙の差を理解し、壁紙の質感を忠実に新たに作り直します。ライティングの理解、光と影の追求。テーマに沿った雰囲気を忠実に再現します。

CASE 03 | 照明の合成

Close

弊社が保有するストックフォトデータに照明を合成しています。弊社ストックデータにはカメラの高さや空間のサイズなどを情報としてありますので、間違いのない確実な合成が可能です。カメラマンも合成を理解しているので、素材撮影もスムーズに行えます。

CASE 04 | 3D(家具)の合成

Close

ロケ撮影した空間に3Dで製作した椅子を合成しています。3Dで合成する際は実際の空間をトレースして同じようなライティングを行い合成することで馴染みを良くします。


実績紹介

Close

実績紹介

撮影などに関するお問い合わせはこちらへ

CONTACT